自転車世界横断!!TERU-TERU project Official ソーラー発電が可能な鞄『ジュースバッグ』と自転車で世界を旅する箭内孝行の軌跡 Since May.2008

自転車世界横断!!TERU-TERU project Official
Caucasus コーカサス地方

 

旧ソ連崩壊後の中央アジア諸国やコーカサス地方は、現在
民主化に向けて独自の政策で発展を続けているのだが、
多くの人々は仕事を失い、仕事を見つける手立てをも知らずにいる。
若者の失業者も町に溢れ、高い学歴や語学のスキルがあっても
それらを活かす職に就くのは難しく疲弊している様を多く目にした。
長く続いた共産主義からの脱却にはまだまだ多くの時間がかかり、
高給を得る者は旧ソ連崩壊前の官僚達が多く、大学教授でさえ
月3万円程度の収入しか見込めず、副業なしでの生活は困難だ。
一方で物価は先進国に比べれば低いものの上昇し続けている。

仕事をせず何もしない生活に慣れると、努力する気さえなくなり、
僕が宿で見た色白のグルジア人青年は、一日中ネットゲームに
明け暮れ、質素な食事の割に横腹に脂肪がつき太り始めていた。
このような失業者は日本の比ではない割合で存在している。

彼らが能力を発揮して機能する社会はいつくるのだろうか?

最低限の教育はほとんどの人々が受けており、更に学歴を積む
者も多くはいるが、今は更に教育を生活につなげる為の手法や
手段を積極的に学ぶ必要があるのかもしれない。
国の問題を考えるとあまりにも大きく長い道のりのようだが、
まずは自身の生活水準を向上させる事を最優先すべきなのだ。

教育と平和は密接に関係していて、教育は求める平和に対して
その都度形を変えるものであり、言い換えれば教育が変われば
平和のイメージが変化して行くのだろう。

美しい自然や貴重な文化遺産が数多く残るこれらの国々は
抱える様々な深刻な問題の影に隠れてしまっているせいか、
まだまだ世界的にもマイナーであり訪れる者も少ない。
諸問題が解決に向かわない限りここは遠い国のままだ。

しかし根深い問題を抱え情報量も少なく敬遠しがちな場所
だからこそ、ここを訪れればきっと他では感じる事が出来ない
独特の文化や感動や空気を体感できるだろう。

そんな未完成なパズルの上を手探りで旅する時、
新たなピースを発見できるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>