自転車世界横断!!TERU-TERU project Official ソーラー発電が可能な鞄『ジュースバッグ』と自転車で世界を旅する箭内孝行の軌跡 Since May.2008

自転車世界横断!!TERU-TERU project Official
Column vol.2 中東の春は遅く。

Editor’s magazineにて番外編第2弾を掲載。

今回は3年前に訪れたシリアについての思いと、

そのとき訪れた宿の情報など。

現在緊迫した状況が続くシリアの3年前の姿を見て下さい。

 

 

中東の民主化革命が相次いで勃発し、ある地域ではそれが達成され、
またある地域では、成功とも失敗ともとれない状況が続いており、
そしてシリアでは長引く対立が1年以上も続いている。

反政府派の市民に7,000人以上もの犠牲者が出た、とも報じられ
国際社会はその動きに神経を尖らせながらも手をこまねいている。
シリアの革命家達は国連に対し武力協力を呼びかけているものの、
リビアで起こった革命時にNATO軍による空爆を行ったような、
速やかな対策を行使する事もなく状況は悪化する一方だ。

アラブ諸国のリーダー達はこれら一連の革命に危機感を覚え、
仲違いしていた中東の国同士が裏で結束しはじめている。

シリアには少数民族も多く、彼らもまた体制派と反体制派に分かれ、
お互いを攻撃しはじめる事が懸念され、時間の問題とも言われる中、
もはや革命から逸脱した内戦へと発展しかねない状況となった。

そんなシリアの緊迫した情勢を憂いながらも、
改革の成功を願い、この記事を書こうと思う。

 

続きは以下のリンクよりどうぞ。

 

Editor’s magazine 番外編vol.2

中東の春は遅く。

 

Editor’s magazineのtwitterフォローもよろしくお願い致します。

https://twitter.com/#!/Editors_mag

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>