自転車世界横断!!TERU-TERU project Official ソーラー発電が可能な鞄『ジュースバッグ』と自転車で世界を旅する箭内孝行の軌跡 Since May.2008

自転車世界横断!!TERU-TERU project Official
Middle East 中東

シリア、レバノン、ヨルダン、イスラエル、パレスチナ、エジプト。

【パレスチナ、ビリン村でのデモンストレーョン】

農地に建ち並ぶ白く光るマンション群は異様な光景を作り
一目でユダヤ人達の入植地だと認識する事が出来る。
パレスチナとイスラエルを分ける線は『グリーンライン』と呼ばれ、
国際法で定められた正式な境界線であるのだが、
イスラエル政府はシオニズムの元にその国際法を無視し、
パレスチナ人達に対し迫害を続け、更にはパレスチナ人達
土地に侵攻し奪いユダヤ人の入植地を増やし続ける。
強引にグリーンラインを超え、力を持たない農民達の土地
戦車やブルドーザーで入り込み我が物顔でフェンスを立てる。

パレスチナ自治区のあちこちではそのような侵攻が日常的に行われ、
グリーンラインに近い小さな農村は最前線で犠牲になっている。

ここ『ビリン村』のオリーブ畑にもイスラエル軍が侵攻し突如として
高いフェンスを設置し壁を建設しようとしている。
村人個人の所有地であった畑を押収し分断したフェンスは
彼等の土地を奪うだけでなく貴重な収入源を奪い、更には
テルアビブまで出稼ぎに向かう者達の進路を塞いでいるのだ。

そう言った理由から『ビリン村』でのデモ活動は規模が大きく、
国際法を犯すイスラエル政府に対抗すべく、パレスチナ人は元より
自国の政策に疑問を抱くイスラエル人や、世界各国からあらゆる
国際人(international)が集まり,抗議のデモを繰り返している。

活動4周年のデモには各国のメディアも大勢集り、
世界の目がパレスチナに向けられている事を実感できる。

 

関連記事

Nobody knows [パレスチナ] TERU-TERU project

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>